ストレスで起こる適応障害の症状は自分でチェックできる

ストレスが原因の病気

悩む女性

病気のサイン

適応障害は、ストレスが原因となって起こる病気です。ストレス社会である現在では、誰もが適応障害になる可能性が高いと言えます。病気を発見することが難しいと思われる、心や脳の病気です。症状を注意深く見ておかないと気づきにくいかもしれません。特徴的な症状は、不安や怒り、イライラ感、焦りなどから様々な症状が見られます。行動も派手になったり、荒っぽくなったり、凶暴になることもあります。少しでも、不安なことや心配なこと、最近イライラするなどの症状がある場合には、専門の医療機関を受診することをお勧めします。心療内科、精神科などが良いでしょう。また、受診の際にはなるべく家族の付き添いをお願いしてみましょう。適応障害のチェック項目は、心が不安定になりイライラする、他人の言葉や行動が怖くなり被害妄想になる、暴飲暴食、言葉が乱暴になる、何をしても楽しめなく憂鬱な気分になるなどです。心と体のバランスが崩れ、患者はとても辛い思いをすることになります。また、家族も大変な思いをします。

病気の治療

適応障害をチェック項目に当てはまりましたら、カウンセリングを受けましょう。それだけで、少しずつ症状は落ち着いて安定していき、次第に治療されるでしょう。医師の指示に従い治療をすることが大事です。治療が始まりましたら症状が落ち着きますが、勝手に治療をやめることはせず、医師の指示に従いましょう。周囲の方や家族の方にもチェック項目がないか確認してみましょう。日々の言動や食事の様子などからでも、症状が出ていないかチェックすることができます。症状が2週間ぐらい長く続く時には、病気を疑ってみましょう。適応障害の治療は、精神を安定するための薬、環境、食事、家族の協力、ストレスの解消などです。患者に合わせた治療方法が良いでしょう。また、症状がひどく適応できない場合には、入院も考えましょう。患者の心が楽になるように工夫することが大切です。患者一人では治療はできないので、家族や周囲の方の協力が必要です。病気と向き合って理解を示し、見守ることも重要です。

心の不調に気づいたら

男性

適応障害とは、生活上で遭遇するさまざまな出来事に対して心が予想外のダメージを受けてしまうことに始まります。精神的・身体的に様々な症状が出てしまい、仕事や家庭生活がうまく送れなくなっていくのです。原因となる出来事が1ヶ月ほどの間にあったかどうかをチェックし、適応障害かもしれないと考えた場合は、心療内科などで相談するのが大事です。

もっと見る

体が不調と感じる前と後

背伸びする女性

適応障害とは、環境に適応できずに、無気力や不眠などさまざま症状が引き起こされる障害のことです。チェックする点として心身の不調が生活に支障が出るレベルになっていること、環境が変わってから心身の不調が起こっていること、ストレスの原因から遠ざかると症状が緩和されることが当てはまることがあげられます。

もっと見る

生活をより良いものにする

男の人

適応障害は、心や体などに不調が生じますが原因はストレスであるためそれをしっかりチェックして把握することが大切です。心理療法が中心になり、治療を続けてストレスに対処する力を身につけることで完治につながります。

もっと見る

症状に対処していく方法

悩むウーマン

適応障害は、わかりにくい疾患ですが心の不調や身体的不調、素行障害などの面でチェックすることで診断に役立ちます。接し方には気を付けながら、患者本人が楽に生活していけるようにサポートすることが大事になります。

もっと見る

心の問題に対処する方法

婦人

適応障害の症状は一時的なものであることが多いため、根気よくしっかりと治療を続けていくことが出来れば完治も可能になります。職場での接し方としては、言動をチェックしながら出来る限りサポートしていくことが望ましいです。

もっと見る

Copyright © 2016 ストレスで起こる適応障害の症状は自分でチェックできる All Rights Reserved.